Mac, Server, WordPress

ようやくGD Libraryのインストールができた

macosxserver

あ〜道のりは長かった。
っていうか、GD Libraryのサイトがつながらなくて、ソースをダウンロードできず余計に手間がかかってしまった。
で、しばらくいろいろと調べてたら、やっぱりApple Open Sourceのファイルを使うと早いというのがわかった。
まあ、一番新しいMacOSX ServerはGD Libraryがちゃんと乗ってるらしいから、古いMacを使おうなんて思わなければこんなことにはならないんだけどね〜。

しかし、何回も書いたけど、今までのCentOSと違ってホントに少しのことを調べるのが時間がかかる。
MacOSX Serverを使ってる人はとてもLinuxに詳しい人たちなんだろうなと思う。

で、今回の作業でとても役に立ったのが、「風ブログ」というサイト。
ホントに助かった。

この中で「Mac OS X 10.5 と PHP の GD」「Mac OS X 10.5 と php.ini」

ここをもっと早く知れば、面倒なlibjpgやlibpngなどもソースからいちいちインストールなんかしなかったのに・・・

やっぱりAppleから出されているソースを使えば、基本的には純正なのでエラーもない。
エラーがあるとすれば、自分のミスタイプのみ。
さくさく進むよ。

まあ、なんでこんなにGD Libraryを入れたかったかって言うと、以前のCentOSのサーバでも使ってたWordpress用のNextGEN Galleryを使いたかったから。
それだけなんだけどね。
なにわともあれ、これで以前の環境にほぼ近い状態でサーバがようやく稼働できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です