Diary

eneloopのデザインいけてなさすぎ

Panasonicが買収したeneloopのデザインを刷新したけど、これが最悪。
ネット上でもかなりの反響を呼んでる。

確かに電池の性能は上がってるらしいけど、やっぱり手にとってもらうためのファーストインプレッションであるデザインをあまりにも日本的なデザインにしてしまうあたりが、今の日本の家電業界の失墜を表しているとしか思えない。

日本の商品はなぜか社名押しが多すぎる。
愛社精神なのかどうかわからないが、デザインの良さを崩しているものが多い。
ブランド名であってもそれは十分に消費者に伝わるはずなのに。

特にこのeneloopはサンヨー時代からブランド名でここまで知名度があったものを今更Panasonicの社名を大きくいれる意味がわからない。
これが大企業の迷走なのか、はたまた頭の硬い古い人が多いのか…

デザインに対して世界がどれだけ血眼になって開発費を投じているのかわかっているんだろうか?
だから、テレビや携帯電話や家電でも日本企業のものは売れない。
デザインも良くなければ、機能もよくないとなったら、言わずもがなだ。
多機能を追い求めるのはいい加減やめようと思わないのか?

日本の技術力の高さは絶対的に高いんだから、デザインが最強なら世界で一番にすぐになるのに。
そう思うくらい、今回のeneloopのデザインはビックリしたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です