iPad, iPhone, Mac

今年のWWDCは久しぶりにApple全部が新しいステージへ変わった気がする

WWDC2013が始まり、続々と新しい物が発表された。
今回は本当にたくさんのことが発表され、自分的にはiOS 7も良かったけど、MacもMacOS X MavericksとかApple全部のことが一気に新しいステージへ変わっていくような感覚だった。

もちろんiOS 7は前評判通りに発表。
かなり新しい感じ。
正直、早く使ってみたい!
ただiOS 7 beta 1はiPhone用のみ。
iPad用は数週間のうちにリリースされるらしい。
iPadとiPhoneとでそこまで違うのか。
確かに発表された内容では、iPadはiPad 3ですらiPad 4と使える機能に差があり、iPad自体とiPhoneとも使える機能に差がある。
これは、今後のアップデートに置いて、ハード面が大きな影響を与えるということなんだろうか・・・
時代の流れかなとも思う。
しかし、このiOS 7は、keynoteを見ててもその使い方がさっぱりわからない(笑)
使用感の変化は早く体感したい。
でも、仕事でも使っているiPhone 5にbeta版を入れるのは難しい。
iPad版はまだ先。
そうなると前のiPhone 4にとりあえず入れるしかない。
ということで、後で早速やってみよう。

Mac OS X Mavericksも気になる。
ついにLionの上のネコ科は何かという問題はもうなくなる(笑)
これからは地名なんだろうか?
それはアメリカだけなのか世界中の地名なのか?
昔のフォント名のような感じになっていくんだろうか?
OSの名前だけでこれだけ楽しめるものもない。
こっちも機能がいろいろとアップされ、iOSに近くなっていくよう。
iCloudとの連携もかなり進むようで、iPhoneやiPadとの連携がますます進む。
これはMacを使っていればどんどん便利になるはず。
やっぱりiPhone使うならMacも必須かな。

それと実は自分は一番びっくりしてたのはMac本体ね。
Mac Book Airには新しいintelプロセッサも入り、すぐに販売も始まった。
それだけでなく、あのMac Proの斬新さ。
最初、映像を見ても何かピンと来なかった。
なぜ、円柱?
どう突き詰めてあの形になったんだろうか?
まあ、AirMac ExtremeもTime Capsuleも筒状になってる。
確かに建物と同様に床面積を小さくして高さを上げれば設置スペースは小さくなる。
平たい物よりも高さのある方がインテリアとしても良いかもしれない。

と、いろいろあったWWDCのkeynote。
今回はかなり楽しめた内容だったね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です