Application, Mac

iWorksなどのパッケージ版をMavericks対応の最新版にアップデートする方法

家のMacBook ProをMacOS X Mavericksにアップデート。
ダウンロードサイズ5.29GBという超重いファイルをダウンロードし、アップデートするのに1時間弱かな(寝てたのでよくわからない(笑))。

で、ここで1つ問題になったのが、iWorksやiLifeを今までパッケージ版で購入してて、MacAppStoreでは購入してなかったので、新しいKeynote、Numbers、Pagesなどにアップデートができない。
それぞれのアプリを立ち上げるともちろん「最新版があります」と表示され、アップデートのボタンを押すとMacAppStoreが立ち上がるも、アップデート欄には「0件のアップデート」となってアップデートできない。

これは困った…
そう思ってネットを調べていると方法があるじゃないか!!

まあ、あくまでも自己責任ですが、自分はこれでちゃんとできました。
一応方法を説明しておきましょう。

1)システム環境設定の言語設定で優先する言語欄の一番上に英語を持ってくる。
2)すると再起動を促されるので、再起動。ビックリするかもしれないけど、英語で立ち上がるので、全部パソコンの表記が英語になる(でも、英語になってもそこはMacなので、多分誰でもわかります。)
3)いつものように左上のリンゴマークからAppStoreを選択して、Updatesの欄をクリックすると…

ちゃんとすべてのiWorksやiLifeなどのパッケージ版で購入していたものもアップデート一覧に表示!!

4)で、いつも通りにAppleIDとパスワードを入れれば、アップデートが始まる。
5)アップデートが完了後、システム環境設定で、最初にしたように今度は日本語を一番上にして、再起動。
6)いつも通りの日本語のデスクトップに戻って、アプリケーションフォルダの中に新しいアプリが入ってます(僕の場合はiWorksフォルダ内の古いKeynoteなどは残ってた)。

その後にMacAppStoreなどを立ち上げると英語表記のままになっているけど、自分のアカウントなどをクリックするなど、AppleIDとパスワードを一回でも入力する画面にして入力すれば日本語表記にちゃんと戻る。

しかし、なんで日本語ではできずに英語でできるんだろうか。
おそらくそのうち日本でも対応する予定だからかな。
それともたまたま今はできるけど、いつのまにか日本からはできなくなってしまう可能性もあるし、早くやっとくことにこしたことはない。

まあ、どんな理由でそうなってるのかはわからないけど、早く新しいのが使いたいんだからやれるのなら面白そうな方を選択するのが当然(笑)
それにiPhoneやiPadとの同期も新しいのにしておかないとちゃんとできなくなっていくからね。

ということで、何度も言いますがあくまでも自己責任ですが、同じような内容で困っている人がいると思うので、書いておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です