Electric Vehicle

ゼロエミッション

友達がニッサンのリーフを購入する予定で数日借りているということで、遠出して実用に耐えられるのか実証実験しようということで、いろいろまわってきました。

まず乗って驚くのがエンジンがかかっているのか、わからない(笑)
この場合モーターというか、パソコンのように起動して終わるのでガソリン車のようなブルンブルンとならない。

あとはシフトノブね。
これは正直使いにくい。
慣れもいるとはいうものの、この配置は間違いやすかったり、操作を誤ったりしやすいと思う。

まあ、とりあえず走ってみる。
走りはかなりいいと思う。
加速いい。
下手なガソリン車よりもいいと思う。
それにモーターの回転だけなので、踏んだら踏んだ分すぐに回転数が上がる。
エコのガソリン車のようなワンテンポのずれがない分、スポーツ車のよう。
自分のインプレッサに近い。

燃費というか電費は今回のような遠出して山坂超えたり、街中と違って、快走できる道の方がアクセルを踏みっぱなしなのでどんどん減る。
この辺りは今までのハイブリッド車でも同じような問題があったのは仕方ない。
とはいうものの、十分に使える範囲だと思う。
往復130kmくらいは全然いける。

あと充電ね。
普通充電と急速充電の違いの大きいこと!
急速充電だと30分くらいで満タンになるのに、普通充電だと1時間半くらいしても20パーセントくらい…
差がありすぎ。
急速充電が必須ってのはわかった。

とはいうもの、全体的には十分使えると思った。
あとはガソリンと違ってパッと充電できないっていう考え方を根本的に変えて行動すればいいかな。

とっても未来感は感じられるし、環境に優しいし、静かだし。
あとは車のデザインがもっとカッコいいのがあれば、僕も欲しいな~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です