iPad, iPhone, Mac

今回のWWDCは良かったと思うのに…

速報とかKeynoteから今年のWWDCはApple自体のソフトウェア的な中身のブラッシュアップという感じでとても良かったと思うのに…

なんか新しいハードの発表がなかったから良くなかった的なこと書いてる記事を見てると、WWDCの意味があんまりわかってない新作発表会とでも思ってるライターが多いのかなって思う。
それと機能的には既にあるもので新しいものがないと書いているのもあった。

とても残念に思う。

新しいものを作り出すだけが進化じゃない。
iPhoneやMacと連携する機能として取り込まれていくことがすごいことであるし、より便利になる。
また、それらをサードパーティに解放して、そこから新しいものを作り出せる環境を作り出すことが進化していく布石としてとても大きいものであるのに。

マスコミとしては一般受けできる報道ができない内容だったからたいしたことないという理由だろうけど、もっと中身を確認できる程度には理解する努力とそれを報道する義務があると思うんだけどな~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です