Android Wear, Application, Huawei Watch, iPhone

Android Wear 2.0になって、WatchMakerを使ってみる

HuaweiWatch02

発表されてからもう1年。
ようやくリリースとの発表を受けてから約2ヶ月。
長かった・・・
なんでこんなにかかったんだろう?

ま、それは置いといて、Android Wear 2.0にして約1週間使ってみての感想。

iPhoneとの連携でちょっと不具合なのかなと思ったのは、OK Googleが使いにくくなった。
例えば今まではOK Googleでタイマー3分とかするともちろんタイマーがセットされてたんだけど、Web検索し始める。
っていうか、ほとんどの命令が全部Web検索。
おいおい、どういうことだ。
前のときもそうだったけど、しばらく安定しないのかそれともおかしいのかちょっとわからない。

あとはまだ使えてなくて確認できていないんだけど、電話機能が項目に表示されてる。
使っているHuawei Watchはマイクもスピーカーもついてるから多分できると思うんだけど・・・
でも電話するかといわれると微妙(笑)

iPhoneとの連携で、なかなかできなかった機能の1つとして、Watch Faceの変更がようやく使えるようになった。
これが自分の中ではやってみたくてしょうがなかった機能なんだよね。
で、早速WatchMakerをダウンロード。

他にもあるかもしれないけど、Androidユーザでも使っている人が多いからね。

ただこれの使い方がなかなかわかりにくい。
まあiPhoneでまずAndroid Wearを使ってる人が少ないしね(笑)
なので、使った時のやり方を少し書いてみます。

まずこれは、iPhone側と時計(Android Wear)側に「両方入れて連携」させないといけない(ここ重要)。
で、iPhone側でダウンロードしたり、作成したりしたWatchFaceを時計(Android Wear)側に送るという感じ。

アプリ自体は無料でインストールできるんだけど、iPhone側のWatchMakerを起動して、まずプレミアム機能を購入しないとすべての機能が使えない・・・
ということで、480円払う。
そうすると全部の機能が使えるようになる。

やり方としては

1.欲しいWatchFaceを選ぶ
Home画面で色々出ているものを見ていると、それぞれ無料のものもあれば、購入するものもある。
ここからインストールしてもいいし、ここに出てこないものもたくさんあるので、Web上で検索して見つけたりして、WatchMakerに対応しているものであれば、ダウンロードページのアドレスをコピペすれば、iPhone側のアプリ内にインストールされる。
他のウェブサイトからダウンロードするには、写真にある右上の矢印マークをタップすると「import from 6 digit code」と「Import from URL」というのがあって「Import from URL」にダウンロードしたいウェブサイトのリンクをコピペすればダウンロードが始まってインストールされる。

2.時計(Android Wear)側へ送る
iPhone側にインストールが完了したものは「My Watches」の中に一覧で表示されて、それをタップすれば「SEND WATCH」となっているので、さらにタップ。
この時に6桁の数字が表示される。
この数字が時計側に送るためのチェックコードになっているので、時計(Android Wear)側のWatchMakerのアプリを起動してWatchFace面を長押ししてFaceを選択する画面にすると、上に雲のマークが出る。
この雲のマークをタップすると、先ほどのチェックコードと同じものが出ているはずなので、「OK」をタップして、iPhone側で「SEND」を押すと「LOADING」となり反映される。

たったこれだけなんだけど、いまいち使い方に気付くまでに時間かかる人もいるんじゃないかなと。

あとは、ダウンロードしたものとかでも自分でカスタマイズできるものもある。
そういうものはそのWatchFaceをタップした時に、下に「Customize Watch」という表示が出るからすぐわかる。

でも、いじる時にはその下に表示される「Duplicate」をタップしてオリジナルからコピーをしたものを作成してからやると失敗しても大丈夫!

あとは、このWatchMakerでもっともやりたかったのが、時計(Android Wear)側の表示で日付とか曜日が日本語仕様になるのがダサくて変えたかったこと。
この仕様だけは本当に謎。
もともとデフォルトでインストールされてるWatchFaceのものでさえ、英語仕様で作成されてるから表示も崩れるし、何しろダサい(笑)
これを変えたかった。

でも、これも変えかたを書いてるサイトがほとんどない。
なんで!
みんな気にならないの?

ということで、いろいろ表示をいじくり倒して英語にすることができた。
なので、それも書いておきます。
もっと良い書き方あれば教えてください。

「曜日を英語表記にする」

「月を英語表記にする」

こんな感じ。

まあこれができればいろんなWatchFaceを作っていってもカッコ良く作ることができると思う(笑)
これからいろんなの作ってみよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です