Mastodon, Server, VPS, リアル脱出ゲーム

Mastodon v2.2.0 へアップデート完了

mastodon

うちのインスタンス「リアルエスケープ(real-escape)」も、ConoHaのVPSに移してからv2.1.2からv2.1.3ときて、本日v2.2.0へのアップデートが完了しました。
今回のアップデートでは登録時のメール案内がHTML化されたということと(まだメール登録してみてないので、見てない)、しばらくログインしてなかった人への通知などが加わったりと、よりユーザがMastodonへ気を向けられるような改良がされているということらしいです。
それとサーバ的にはRubyのバージョンが2.5.0になるということ。
これに関しては早急に対応する必要ないとのことだけど、デフォルト設定では2.5.0が指定されているので、それもやってしまうことにした。
Ubuntuになってから初めてRubyのアップデートとかするので、できるかなと思ったけど、特に前にやってたCentOSの時と変わりはほとんどなかった。

まずRubyのバージョンを2.5.0にする。

ここからいつものようにMastodonのアップデート作業

これでv2.2.0へアップデート完了。
基本的にはこれで動いたからできてると思う。

うちの場合はこのインストール作業の途中でgemの中に古いのがあったみたいなエラーではないけどメッセージがでてたので、アップデートが終わった後に再度gemをアップデートしながらMastodonのv2.2.0を入れなおしました。
ただこれが合ってるのかがよくわからない。
こういう時にもう少し詳しくリリースノートにアップデート手順書いてほしいなって思う。

自分がやり直した方法としては

と、こんな感じでやりました。
動いているので、なんとかなっているのでしょう。
ということで、お疲れ様でした。

下の画像経由で入会すると1000円クーポンもらえます

(C)GMO Internet, Inc. 再利用禁止

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です