マイニング, 仮想通貨, 暗号通貨

マイニング始めました(笑)

Crypto currency

そろそろ冷やし中華が食べたい季節。
ということで、全く関係ないけど、マイニング始めました(笑)

Monacoin の時に初めてマイニングした

その昔 Monacoin が出た時にやったことのあるマイニング。
あの時は ゲーム用のPC の GPU を1つだけ使ってやってた。
Litecoin 系の LinuxOS BAMT を使ってやった記憶がある。
それでもその頃は Monacoin ができたばっかりの時だったのでガンガン掘れた。
でもしばらくするとハッシュレートが上がってしまったのと、途中で方式が変わってしまって、 Radeon で掘れなくなってやらなくなってた。

暗号通貨バブル

でも、しばらくほったらかしにしていた Monacoin も価値が上がってある程度の金額になってて、あれはビックリした。
それと同時に他の暗号通貨も一般にまで広がって、盛り上がってしまって一瞬バブル状態。
あの時はゲーム用に買いたくても GPU 全然買えないし、価格もバカ高くなって大変だった。

で、バブルは弾けて暗号通貨そのものの価格も一段落したし、また GPU とかパーツ価格も少し下がってきてるし、今度はマイニングリグを作ってやってみようかと。
資金はもちろん暗号通貨で稼いだものを投入。
ほとんどタダから始まってお金になるのは本当に現代の錬金術だよね。

まあ、ここまで広がってくると暗号通貨のマイニングも旨味は少ないんだけど、やってみたい好奇心と、もしかしたら少し稼げるかなっていうせめぎ合いの中で、無理ない程度にできたらいいなという感じで、頑張ってみようかなと。

ということで、リグを組むことに

今回はマイニング用のマザーボード Biostar の TB250-BTC+ を買ってみた。
さらに新しいのも出てるんだけど、結局 GPU たくさん積めるかどうかなんだよね。
でも価格が下がったとはいえ GPU が一番高いし、そんなにたくさん買えない(笑)

で、 GPU はこれまたなかなか手頃な価格のものがなくて、結局 Radeon RX570 がそこそこの価格であったのでとりあえず 2枚手に入れることができた。
2枚だとちょっとハッシュレート低いけど、まずは動かしていかないと 1円も稼げないからね。
2枚であれば、マイナスにはギリギリならないかな。

電源は将来のために少し容量の大きいものに。
初めてフルプラグの電源を買ったけど、これ便利いいね。
全部こういう電源にすればいいのに。

リグフレームはラックでもよかったんだけど、日本製のリグフレームが発売されてたので、購入。
なかなかこのフレームはしっかりした作りでいい感じだった。

それと今回の OS はこれも Linux 系の ethOS。
これが一番簡単そうで、便利そうだったから。
マイニングするのは Ethereum ね。

ということで、組み上がったものを使用して、これからマイニングライフを始めたいと思います。
どうなることやら、楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です