ボードゲーム, リアル脱出ゲーム

久しぶりにボドゲや本で

Alice

この前、脱出ゲームはひらかたパークの「夜の大監獄からの脱出」行ってきたんだけど、失敗しました(泣)
あかん、負け癖がついている。
頭固くなってしまっているなと感じる。

で、少しでも思考を柔軟にしようかと思って、ボドゲと本を使っていろいろやっていこうと。

ということで、まずはこの前発売された LINE を利用したボドゲ「アリスと謎とくらやみの物語」をやってみた。

以前にもこのゲームの体験版をやったんだけど、それはちょっと自分にはやりにくくて苦手感があったんだけど、本番のこれはとても面白かった。
LINE を使いながらやるので、スマホの画面に流れる文章を見ながらやるんだけど、これは慣れが必要かなと思う。
受け答えも LINE でするから文章がズラズラ流れるので、同じトーク内で他の人が質問するとそれも流れてくるので、やたらめったら文章を送るとワケがわからなくなっていく(笑)
あと、ひらめいた時に質問をすっ飛ばしてしまうということあるけど、まあこれは仕方ないか。
でも、とっても面白かった。

あとはリアル脱出ゲームから出ている本、「究極のクロスワード」と「5分間リアル脱出ゲーム」。

この「究極のクロスワード」は死ぬほど大変。
友達がある程度やっていたのを受けてやっていたんだけど、最後の問題がなかなかにいつも通りに変態的な難しさだった(笑)
でも、解けたときはとてもエレガントで美しく答えが出た。
やっぱりこういう本を使用する昔からあるタイプのものは歴史が長い分、熟成されている中で考えられていくので、解けたときの爽快感がとても気持ちいい。
もっとこういうものもやっていきたいよね。

それと新しく出た「5分間リアル脱出ゲーム」。
まあ最初の方は確かに5分間くらいでいけるかと思ったけど、後ろの方はどうなん?
多分無理だよ〜。
流石に複雑だと5分でやり切るのは自分ではきついかな。
うん、でもこれもやっぱり面白い。

結局、面白いしかいってないけど、本当よかった。
一押しは「究極のクロスワード」。
すごい大変だけど、解けたときは絶対に爽快感抜群だから、ぜひ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です